プラグの方が太い

先日B&OのA8がプラグ付近で断線してしまったので修理に出しました。

店の方が言われるには、店での修理であれば数日で済むし工賃も安いが、プラグが太くなるとのこと。メーカー修理は時間が掛かって多少工賃は上がるが、プラグは元の太さになると。見せてもらうと店頭修理のプラグは確かにエライぶっといのですが、力が加わって断線しやすいところがかえって丈夫になるかと思い、店頭修理にしてもらいました。

・・・そしてタイトルのように、iPod nanoに接続すると本体よりぶっといことに気が付き、ややorzです。机に置いておくと何かの拍子に変な応力が掛かってちょっと危ないかも。

カテゴリー: music パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中