文庫本のおまけのしおり

文庫本は大抵おまけでしおりが入っています。わたしはしおりをとっておかず、その本におまけで付いているしおりを使うタイプです。このおまけのしおり、本の最初の方に入れて欲しいなぁ。大抵折込チラシと一緒に入っていますけど、本の中ほどに入れるほうが折込作業が楽なのでしょうかね。

ところで書店で本を買うと大抵「カバーはおかけしますか?」と聞かれますが、社交辞令なんだか条件反射なんだかわかりませんが「結構です」と答えてもかまわずカバーをかけてくれる店員さんがよくいます。カバーはかけないほうが書店にとっては楽だと思うんですけどねぇ。広告付きのカバーも多いけど、もしかしてあれはつけたほうが都合がよい書店もあるのかな?ティッシュ配りのノルマみたいな感じで。

広告
カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中