iPhoneケースいろいろ

日替わりで試すくらいの勢いでiPhoneのケースをいろいろ購入してしまいました。ひとつひとつは安価なのですが(一部そうでもないものが含まれていますが)ちりも積もれば・・・を地でいってます。

最近はPower Support Airジャケットセットそのままか、Airジャケットセットの保護シートにGriffin Nu Formの組み合わせで使っていることが多いです。

では以下、画像てんこもりのエントリです。


Griffin Nu Form

f:id:ebo-c:20080831180457j:image

安心感抜群なうえにぴったりフィットしたスマートなケース。上下に挟み込む独特な装着方法。さらに個性的なのが本体表面の保護方法。よくある粘着タイプの保護シートを貼るのではなく、iPhoneとケースの間に薄い樹脂の板を挟む方式。これがひとによってはかなり性に合わないかもしれないので、普通の保護シートと併用することも選択肢としてあり。

pros

  • 本体をほぼ包み込む安心感
  • あまり太らないのでポケットなどに入れていたひとも同じように持ち歩けるでしょう
  • 下部だけを外してDockに無理なくセットできる

f:id:ebo-c:20080906221024j:image

  • 保護板は粘着シートではないので貼り直し自体と無縁。またそこそこの厚みがあるので保護能力も粘着シートタイプと比べて高いかもしれない

cons

  • ぴったり過ぎる成形のためiPhoneに装着することそのもので傷がつく可能性がでしょう。ケースの微妙な個体差によるかもしれない(わたしのケースは傷がつくほどではないもよう)
  • Dockにセットするときに下部を外すのが面倒な人もいるでしょう
  • iPhoneの周囲部分がかなり盛り上がった成形で端の方をタップしづらい。キーボードの端の方をタップするのに邪魔になるひともいるでしょう

f:id:ebo-c:20080906220934j:image

  • 本体と保護シートの接触具合により虹色の縞が目につくことがあるでしょう

Apple Store(Japan) – Griffin Nu Form iPhone 3G (ホワイト)

Power Suport Airジャケット

f:id:ebo-c:20080831180635j:image

Griffin Nu Form以上の薄さでほとんど膨れた感じを受けない。iPhone周囲のテーパに引っ掛ける感じで装着する。表面保護はスタンダードな粘着シートだが、表面のほぼ全体をカバーするタイプでなかなか優秀。

pros

  • とにかくスマート。Airジャケットを付けた後でさらにゆったりしたレザーケースなどに入れることもできるでしょう
  • 表面にまったく出っ張らないデザインなのでタップ操作の邪魔になりません

f:id:ebo-c:20080906220728j:image

cons

  • カバー率が低いため保護能力は同種のケースと比べて劣るかもしれません。とくに上下のエッジ部分はまったく保護がありません
  • そもそも薄いので擦り傷などからの保護としては役立つでしょうが強い衝撃からの防御能力はあまりないかもしれません

Apple Store(Japan) Airジャケットセット – for iPhone 3G クリア

サーマルコントロールケース

f:id:ebo-c:20080827234412j:image

ボタンやスピーカー、マイクを除いた全体をカバーする透明なケース。原理は不明だが液晶面をカバーしているにも拘わらずiPhoneの静電感知タッチパネルが操作できる(通電する材質ではなく、サーマルの名の通り体温が重要らしい)。スマートなようで実は液晶面を除いてかなり厚みがある。iPhone本体表面の配色のために写真ではわかりにくいが、タッチパネルの周囲は黒いシールが貼ってあり透明ではない。

pros

  • ほぼ完全に表面を覆うため擦り傷などにかなり強くなる
  • 透明部分が多く見た目はスマートな印象
  • 意外と樹脂の厚みがありそれなりに強い衝撃からも保護できるかもしれない

cons

  • 透明な外見から得られる印象と異なり装着後はかなり膨れる。Griffin Nu Form装着時よりも大きくなる
  • やや成形の精度が低いのかタッチパネル周囲が若干浮く。このためタッチパネル周囲をタップするときの感度が悪くなりがち

pocketgames PDA秘宝館

番外のiPower

f:id:ebo-c:20080831180803j:image

容量2300mAhのバッテリーを内蔵した「装着する外部バッテリー」それがiPower. ケースとしてはクラシカルなフリップカバー付き。さらにカメラ撮影の補助ライトに導電性ウレタンフォームのスタイラス内蔵と至れり尽くせり。多分アレだ。ケースとしての役割は二の次なんでしょう。

pros

  • バッテリー内蔵なのが頼もしい。外部バッテリーとしての使用感は群を抜く
  • それなりの写真が撮れてしまうiPhoneなのにフラッシュがないなんて・・・でも、iPowerがあれば暗い店内でもやっぱりそれなりの写真が撮れてしまうかも?フラッシュではなく常灯ライトなのでみんなの注目も一身に受けることが可能です。多分

cons

  • iPhoneがiPhoneとは思えないほど重厚になる
  • 本体の周囲は上下を除いてまったく保護されない。むき出しどころか寸法の上でも若干ケースの外にはみ出す

pocketgames PDA秘宝館

広告
カテゴリー: iPhone, mobile パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中