822Pげと

f:id:ebo-c:20080930014851j:image

822Pは薄さでは定評のあるPanasonicの携帯です。ご覧の通り、わたしの所有する携帯のなかでも最も薄い部類に入るW880iよりさらに少し薄いです。上からW880i, E71, 822P, E90(比較するのがなにか間違っている)です。こうして見るとまぁ、上の3台はドングリの背比べですかね。ここにi780が入ってもまだドングリ’sって感じ。(あいにくいま実家にあって並べて撮影できない)

たまに出るストレート携帯はどれもなんとなく味わいがあります。ごく普通のクラムシェル型に飽きてくると持ち歩きたくなる。*1

f:id:ebo-c:20080930015349j:image

f:id:ebo-c:20080930015413j:image

W880iとどちらが主役だか判らなくなってしまった写真。キーパッドから上部かけてのグラデーションが美しい。SoftBankのサイトでも822Pの特色としてこのグラデーションが挙げられているのですが、4色あるうちのレッド以外はわかりにくい微妙さだと思います。

f:id:ebo-c:20080930014730j:image

全体像を観るとお判りのように・・・えらく長ひょろいです。えぇ、店頭で手に取ってみて大体理解はしていたのですが、E90とタメを張るくらいとはちょっと思ってなかった。E90が実はそれほど大きくないということもあるのですが。

*1:もっとも、わたしはau W41CAを最後にテンキーでクラムシェルの携帯というのを購入していません。

広告
カテゴリー: mobile, Panasonic, softbank パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中