本場中国産

当店では、食品の安全性を考慮し、中国産食用ダックは使用しておりません。

微妙だなぁ・・・誇っていいのかなんなのか。

美味しんぼで山岡×海原の冷やし中華対決があったと記憶しています。冷やし中華は中華料理だと言い張る山岡に対して、そんなもの中華としては認めないという海原。山岡が日本国内の厳選材料を用いた冷やし中華を出すのですが、海原はそれを微妙に上回る冷やし中華を即興でこしらえてしまいます・・・こう書くと予想も容易いですが、海原は山岡の冷やし中華の材料を中華の本場、中国産の食材に変えただけのものを出したのです。

冷やし中華を中華料理というなら食材も中国産を使え!(うろ覚えどころか多分全然違う)

って、いまの雁屋哲は口にするかなぁ?

注:わたしがこのエピソードを見たのはアニメ版なのでもしかしたらオリジナルかもしれん

広告
カテゴリー: アレゲ, グルメ パーマリンク

本場中国産 への2件のフィードバック

  1. ピードラ より:

    むぅ、なんたるまったりしたブログだ。←だれ?原作にもちゃんとあるエピソードですね。でも、冷やし中華は日本料理だと思いますし、店内の有り合わせの調味料より、厳選食材の方が美味しいのではとは思いました。

  2. ebo-c より:

    > ピードラさん「このblogを書いたのは誰だっ!?女将を呼べっ!www」冷やし中華の食材は産地がどうのいうより、加工法をきちんとしているか?みたいなのが多いんでないかなぁ?とか思いました。あぁ、キクラゲとかクラゲは産地が多いに影響するかなぁ。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中