mod RC30への道 – 前編 RC29に戻すよ

・・・と、いつもげふんげふんごまかしていてもアレなんで日本語で解説。

  1. まず、RC30にアップデートしちゃったヒトはRC29に戻すよ。ハードリセットかかるよ
    1. ここの”2. Unzip the RC29 or RC7 image…”というセンテンスのRC29のリンクからDREAIMG-RC29.zipをダウンロードするよ
    2. zipを伸張するとでてくるDREAIMG.nbhをmicroSDのルートフォルダに置いてG1にセットするよ
    3. いったんG1の電源を落としてからカメラボタンを押しながらパワーボタン(終話ボタン)を長押しして起動するよ
    4. htcデバイスでおなじみの3色画面になるよ。ちょっと待つよ
    5. ROMをアップデートしてよいかどうか聞いてくるよ。パワーボタンでアップデートだよ。トラックボールを押し込んだらキャンセルだよ
    6. パワーボタンを押すとROMを更新しはじめるよ。しばらくするとROM焼き完了だよ。バッテリーを抜いてリセットするよ
  2. 次いで、G1はハードリセットされた状態になっているので、とりあえずAccessPointの設定とGoogleアカウントの設定をするよ。設定の仕方はid:chai99さんのところに懇切丁寧にかかれているよ
    see G1ハードリセット覚書(ビジュアル版) – for my poor memory
  3. ここからが変なところだよ。RC29でrootになってみるよ
    1. とりあえずAndroid Marketがつかえるようになったらsearch→telnetと検索してtelnetをインストールするよ
    2. 次の手順のまえに一回リセットするよ。せっかくだから変なコトの一端を経験してみるよ。Messagingを起動して、New Messageを選択、Toの欄でrebootとタイプしてリターンキーを押してみるよ。なぜかリセットがかかるよ。不思議だね
    3. リセットが完了してまた普通につかえるようになったら、おもむろに今度は telnetd リターン とタイプしてみるよ。ショートカット設定を変更していないとたぶんContactsの検索モードになっているけれど、バックでtelnetdというtelnetサーバーデーモンが起動した状態になっているよ
    4. さっきAndroid Marketからダウンロードしたtelnet(クライアントだよ)を起動して、localhostにconnectしてみるよ。パスワードなんかないよ。こわいね
    5. なんと、rootで自分自身、つまりG1にログインできちゃうよ。#がrootの証だよ。たぶん、rm -rf / なんてコマンドもつかえるよ

G1 RC29 telnet view

疲れたんで以下次号。というか、ここから先は母艦が必要なのと母艦のOSによって若干手順が違うので説明がめんどくさいなぁ。

広告
カテゴリー: android, mobile, T-Mobile G1 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中