T-01Aのビューアーとしての性能1 – マンガをよむ


T-01A入手しました。内覧会でそこそこ触ってはいたのですが、後日あすてりさんkzouさんに見せていただいてこれはビューアーとしてとてもいいものだと感じました。聞くところによるとSIMを入れなくてもロックがかかることもないとか。その時点まではKindle DXをどうにか入手できないかと考えていたのですが、これくらいの大きさがあればマンガを見開きでぐぁばっと見られるのではないか?と、考えて実行してみたところがこれでござる。

並べてみて逆方向に少し驚き。iPhone 3GSとT-01Aの大きさはさほど変わらないように見えるし、T-01Aのディスプレイはマンガ単行本の半分程度の大きさしかなかった。

ところがね。iPhone 3GSと比べるとT-01Aで見る方が格段に見やすいんだわ。これは解像度が段違いなことに依るものでしょうね。iPhoneが480×320 3.5 inch 162 dpiであるのに対してT-01Aは800×480 4.1 inch 225dpi(わたし計算)と画素数で2倍以上、解像度で1.5倍近く違う。iPhoneはこのディスプレイサイズにしては解像度がさほどでもない。モノクロ画像、とくにマンガのようなペンで引いた細かい線を表現するには今一歩、解像度が足りていないのだと思われる。

そして冒頭の動画。ざっと見るだけなら見開きでもいけると思う。この動画ではiPhoneのiComicで見るためにページの縦をiPhoneのちょうど倍、960pixelにリスケールした画像を見開きで並べて、ページめくり効果をつけて閲覧している。ファイルはzip. このスムースさはMangaMeeyaのアプリとしてのチューニングもさることながら、これまでのWindows Mobile Smartphoneの倍から3倍というクロックをほこるSnapdragonに依るところが大きいと思われる。

広告
カテゴリー: docomo, Manga, mobile, TOSHIBA, Windows Mobile パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中