ScanSnap S1500の本気を見るがよい!

ScanSnap S1500買っちゃいました。
製品情報を見ると “解像度に関わらず毎分20枚・40面の高速読み取り” とうたわれています。
【スピーディー】解像度に関わらず毎分20枚・40面の高速読み取りを実現
果たして本当か?って確かにほぼ公称通り。
この動画ではスーパーファイン(カラー/グレースケール300dpi)で27枚の紙をスキャンしている。おおざっぱにいって1分で30枚(60ページ)という計算だ。無理なくS1500にセットできる枚数も30枚くらいのようだ。(マンガ単行本の紙の厚さの場合。小説文庫本などだと35枚以上セットできる紙もある。)少年マンガの単行本はだいたい240ページ前後。全部スキャンするのには4分割しか必要ない。(実際にはカバーのスキャンが別だが)断裁は断裁機で一瞬(数秒)なので、スキャンする間の時間などを考慮しても5分もあれば少年漫画の単行本1冊スキャンしてしまえるのだ。これは革命だ 。俺の部屋を片付けるメソッドとしては。

8/1 21:36 小説文庫本のような紙だと35枚くらいセットできたことを追記

広告
カテゴリー: FUJITSU, Gadget, Manga, ScanSnap パーマリンク

ScanSnap S1500の本気を見るがよい! への3件のフィードバック

  1. onebpm より:

    非常に興味深く拝見させていただきました。自分も購入検討しています。ちなみに裁断機は3万円くらいする良いやつでしょうか?裁断機も結構高価なのでためらっております。結局安い裁断機だと銭失いの可能性もあるなあとおもいまして。。

  2. weakboson より:

    はい。PLUS断裁機 PK-513(後継機種PK-513Lがでたので生産中止らしい)をつかっています。Amazonで3万ちょいですね。わたしは段階的に揃えたのですが、低価格帯のScannerより高いくらいですよね。しかし、値段に見合った働きはします。Kinko'sとかでの断裁サービスが一冊100円らしいので、300冊以上断裁するなら断裁機購入がおすすめです。

  3. onebpm より:

    ご回答ありがとうございます。なるほど段階的にそろえるてもありますよね。参考になりました。踏ん切りがつきそうです。ではでは。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中