雲南伝統過橋米線


久しぶりに食のエントリ。雲南の代表的料理過橋米線。
湖の小島で科挙の試験勉強をする書生 に妻が差し入れた料理だそうです。煮えたぎったスープに、生の食 材と米でできた麺を入れて調理します。スープには鶏の油が張って あって長時間冷めにくく、差し入れてからしばらくしてもおいしく 食べられたそうな。

動画に撮り忘れた調理前の写真はこちら。湯気がのぼってないのは鶏の油が張ってあるためで、スープは生肉が瞬時に茹であがるくらい熱々です。

広告
カテゴリー: chinese-food, gourmet パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中