aeroTAP 仮想タッチスクリーンユーザーインタフェース

Webカムを入力デバイスとしジェスチャーにより操作できる仮想タッチスクリーンのようなインタフェースを実現するソフトウェア。マーカーレスARの応用かな?shareEDGEから突然メールでお知らせが。

aeroTAP は、キーボードやマウス、タッチスクリーンなどと違い、離れた位置からコンピュータを操作するためのインタフェースシステムです。コンピュータを操作するためには、安価な Web カメラを汎用のPCに接続するだけで、既存のアプリケーションをユーザはキーボードやマウスを使わずに、Webカメラに向かってシンプルなジェスチャを行うことでコンピュータの操作が可能になります。

(aeroTAP – 次世代ポインティングシステム、画面タッチから空間タップへ via shareEDGE)

広告
カテゴリー: AR, ヒューマンインタフェース, human interface, Windows, 仮想現実 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中