SC-01B内覧会にいってきた


キーボードは非常に打ち易い。しかし取りこぼしが多い。SAMSUNGはチューニングが素晴らしいメーカーなので発売までの改善を期待したい。
タッチパネル+フロントQWERTYキーボードは国内販売ケータイではかつてなかった操作感覚。アプリや設定が普通でもユーザビリティーは最高に近いはず。しかしWM6.5のUIに正式対応したアプリがまだ少ないのがネック。後ろ向きな考えだがWMヘビーユーザーにとって発売時点ではWM6.1だった方がつかいやすかったかもしれない。最近WMを離れだした感のあるフリー&シェアウェア開発者を引き留める方策が必要。SC-01Bは320×320の解像度、タッチパネル、QWERTYキーボードとライトユーザーにもヘビーユーザーにリーチする要素が揃っている。WM巻き返しの狼煙になり得る可能性は秘めている。

そーれーだーけーにー…………

3G定額接続とBluetoothが排他というのはどーにもこーにも。風よ!雲よ!心あらば教えてくれ!docomoはなんでそんな縛りをつけるのだ!!

昨年のT-01A発売当初とは料金体系も変わって、この制限に意味はなくなったはず。この排他制御を取り払うとヘビーユーザーによる回線使用率が高くなり、ほかのユーザーへ悪影響を及ぼすとでも考えているのだろうか?

広告
カテゴリー: docomo, SAMSUNG, Windows Mobile パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中