microSIMカット練習

iPhoneの黒SIMに変更したあとの抜け殻銀SIMとか遥か以前の赤いVodafone SIMとかを実験台にしてmicroSIM cutterの練習をしてみた。動画はピントが合っていないがSIMのシリアル番号を隠す必要がなくてまあいいかなと。本当のところは切断できるSIMをそんなに持っていないのでバシバシパンチする訳にはいかないのだけれど。

microSIMカッターのパンチ穴部分

microSIMカッターのパンチ穴部分

microSIMカッターは思ったよりも突き抜けるつくり。中途半端になることはない。貫通する。

赤SIM切り抜いたところ

赤SIM切り抜いたところ

鋭利な刃物ではなく紙のパンチと同じ切断方式なのでプラスティック製のSIMを切り抜くと当然縁はササクレのようになる。結構ピラピラとしていてヤスリで削るよりハサミで切り取るほうがよさそうだった。どんなディティールだったかは手持ちのデジカメだとピントが合わなくて撮影できなかったので写真は載せられない。

microSIMトレイにはめてみたところ

microSIMトレイにはめてみたところ

microSIMトレイにはめてみたところ(元のmicroSIMと比較)

microSIMトレイにはめてみたところ(元のmicroSIMと比較)

予想よりはしっかりした品質のパンチだけれど、おそらく個体差はそこそこあるのではないかと思われる。わたしの購入したパンチで切断したSIMはほんのコンマ数ミリレベル大きくて、切断してそのままではmicroSIMトレイにきれいにはまらなかった。ほんとにほんの少しの差。

切り取った元の枠に戻してみたところ

切り取った元の枠に戻してみたところ

元の枠に戻すときちんとはめるのが困難なくらいにぴったり。ちょっとやそっとでは外れそうにない。しかし枠側もささくれているので縁をきれいに処理しないとこのまま携帯にセットしたり、外したりするのが困難になりそう。きつくて取り出すときに外枠が割れて中身だけ本体内に取り残されるとかありそう。

近々本番に取り掛かるつもりなのだが…SIMだけ契約させてはくれないようで困っている。

広告
カテゴリー: iPad, mobile タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中