iPhoneで撮影した写真をiPadに転送するにはBumpをつかうのが便利

ところがどっこい器材は不要だがコツが必要だった。非力でも割りとカンタンにできる手段考えたよ~

みなさんはiPhoneで撮影した写真をiPadに転送する手段はどうしてますか?USBケーブルとCamera Connection Kit?メール添付?母艦経由?
iPhoneとiPad以外に器材が要らなくて、通信料金も掛からなくて、3G回線もWi-Fiも不要な手段があって、Bumpで交換すればよいとTwitterで目にしました。BumpはPINコード交換などが不要で同時に振ればそのときだけ一時的に接続してお手軽に連絡先や写真を交換できるアプリ。そういう性質を持つだけに「振るタイミング」はかなり厳密でほとんど同時に振らなくちゃイケマセン。

ところがiPadは重たいうえに加速度センサーの閾値が結構高くて、チョット揺らしたくらいじゃ「振った」とみなされません。片手にiPhone、もう一方の手にiPadを持ってBumpが検知してくれる勢いで同時に振るってだけのコトがちょっと難しいノデス。

いろいろ試行錯誤して見出した手段は主に二つ。

iPhoneとiPadを重ねて両手で持って振る
ワカリヤスイネ!でもチョット変わったヒトに見えてしまうカモネ!
iPadは小脇に抱えるようにして腕全体の力で振る
言葉にするとワカリニクイネ!カバンを脇に抱えるようにiPadを持って、それから体から離すようにする。二の腕に沿ってiPadを持って肘の内側で支えるカンジ。その状態で腕全体を振る。iPadが振りにくいのは重さもあるけれど、手や指先だけで持つと慣性モーメントが大きいせいだ。こうすれば普段腕を振って歩く程度の力で充分にiPadを加速するコトができるノデス

…なんだよコノTipsは…

広告
カテゴリー: iPad タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中