ゆくデバ2010

1月

Kindle DX
初の電子ペーパーデバイス。オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな。このはてしなく遠い電子ペーパー坂をよ…
iPadが来てからしばらく暇していたデバイスなのですが最強の自炊サポートアプリChainLPの存在を知ってから(知るのが遅かったなぁ…)再び第一線に復帰です!iPad以上の画素数で高精細。Retina Displayの解像度には及ばないのですが大きさが段違いで大判書籍の実用的な閲覧にはiPadと並んで数少ない選択肢のひとつとなります。紙のコミックが好きなヒトにかなりおすすめのデバイスです。
2010年夏以降のグラファイトモデルはE Ink社の新電子ペーパーPearlを採用していてコントラストが他社比50%改善だそうです。(see link) ワタシのホワイトモデルはたしかに(SONY)Readerと比較すると白い部分がグレーがかっています。新モデルも欲しいところですが2011年にはReaderの大判サイズが発売されるのではと期待してちょっと待ちます

2月

NexusOne
一大転機!脱iPhoneの伝道師!個人的に「iPhoneの代わりになりうる」じゃなくて「iPhoneを超えうる」初めてのデバイスと認識しています。正直なところ当初は「速いAndroidも欲しいなあ。chai99さんに見せてもらったNexusOneいいなあ」くらいにしか思っていなかったのですが…
つい最近Desire Zがくるまで第一線で働いてました。難点は強い光源下での視認性が悪い有機ELを採用していることと、タッチパネルがじゃじゃ馬なこと。逆を言うとその程度。いまでもたまに常用デバイスに戻してもいいんじゃないかと思います
快適なのは世界が認める魔改造、CyanogenModのあってのこと。本家Googleやデバイスメーカーのチューニングよりパワーユーザーのチューニングのほうが勝っているというのはまだまだモバイルコンピューティングが枯れてはいない一ユーザーによる開拓の余地があるコトの証明なのか…
一方でAndroidのバージョンアップも劇的です。eclairからfroyoへの進化で安定して実装されたJITコンパイラなどかつてはモバイルデバイスに実装するなんて考えがたいものだったのではありませんかね?バリバリにチューニングされた枯れたバージョンを割とあっさり抜いてゆく新バージョン。新バージョンにも即座に対応するユーザーコミュニティ。この辺りを話すと陳腐な文章しか書けないのでこのへんで打ち切るか

6月

iPad 64GB (WiFi + 3G)
用途の半分以上が自炊コミックビューアーでございます
残りのさらに半分はお風呂デバイスでございます
残りのさらに半分くらいはLogMeIn Ignitionのクライアントでございます

7月

iPhone 4
HDRカメラとしてお手軽です
他のデバイスに写真を転送するにはBump!がお手軽です
大抵のことはAndroidで代替できるのですがまだゲームはiPhoneの方が魅力的なモノが多いかな
都心でsoftbank回線のパケット通信がとてもとても●●●●になった時期から超絶サブデバイス扱いです

11月

Desire Z
現在のファーストデバイス!NexusOneの難点であったディスプレイとタッチパネルの改善された真打!
オプティカルカーソルェ…完全無欠を出せないのがHTCの宿命なのであろうか?トテモトテモイライラシマース…

12月

MacBook Air 11”
いまのところ「いいね!」という感想しか出てこないなー
BUILTのPortable DVD Portfolioがぴったり、ほんとうにぴったりのサイズ。一緒にほかに入れるものが限られてくるくらいのぴったりサイズなので、余裕を持って一回り大きいLaptop Portfolioにした方が快適なひともいるかもね
Reader PRS-350(5”)
通信機能がない、PCの連携ソフトがつかいづらくて遅い、ReaderStoreがつかいづらいと三重苦ですが、デバイス自体は素晴らしいデキです。ハードウェア、ソフトウェアともに素晴らしい
電子ペーパーは本の代替です。読書中に栞を挟む、メモを書く、パラパラめくる、本の後ろから1/3くらいのところをガバっと開く…といった操作をするのにボタンをカチカチクリックする必要があるのは興ざめというか面倒で「ああ、まだ電子ペーパーは紙の書籍に遠く及ばないのか…」という無力感を自覚させるに充分なモノです。Readerはタッチパネルとよく練られたインタフェースでかなり紙の読書感に近づいた素晴らしいデバイスだと思います
強いて本体の難点をあげると数多くあるオプションボタン→画面タッチという操作で指を動かす距離が長いところ。しかし電子書籍閲覧でメインになるページめくり、栞を挟むという操作は画面タップだけでも完結できて(しかも画面タップだけの方がショートカット的で短い操作手順で済む)前述のようにかなり快適です。同じ操作をするのに複数の手順が用意されているのは覚えるコトが多くてスマートではないと思う人もいるかな?
広告
カテゴリー: mobile, Uncategorized タグ: パーマリンク

ゆくデバ2010 への2件のフィードバック

  1. あけましておめでとうございます。
    今年も遊んでください。過日、某所でKindle DXを拝見して今年は、e-Inkに傾倒した年でございました。
    3月までは、青山界隈に下りますので近くに行った際はご連絡いたします。

  2. weakboson より:

    明けましておめでとうございます。去年はいろいろすみませんでした。予定すっぽかしが多くて…ぜひ六本木、赤坂のうまいものを食いまくりましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中