エア停電ノススメ

エア停電とは停電のシミュレーションです。
以下、ほとんどワタシの主観です。不適切であれば指摘お願いします。修正、削除する用意があります。

ネタじゃなく「エア停電」は一度やっておくとよいと感じました。決意と準備を以てして暗闇での活動が困難なコトが実感できます。2011年3月14日現在東京電力の管轄区域で計画停電が実施されていますが幸いにして回避されたグループ、時間帯が多い状況です。所謂「テンション切れた、気が張ってた状態が崩れた」状態でいきなり停電に遭遇して困難に直面する可能性もあると思います。

ブレーカーを戻せるかチェック:
一人暮らしなんで外出時の停電に備えてブレーカー落とすことにしました。(コレ多分いまは正しい運用だと思うのですがどうなんでしょ?) 真っ暗闇でも携帯やライトで照らしてブレーカーを戻せるか、一度くらいチェックしておくとよさそうです。

停電復旧後の電化製品の変な動作をチェックしておく:
ワタシの部屋はインターホンが通電と同時に鳴るのと、浴室のファンが全モードLED点灯して停止を押してもファンが回る変な動作をしました。両方共ビルトインでコンセントプラグの抜きようがありません。インターホンは知らずに通電したら心臓に悪そうです。

以下、エア停電とはちょっと違うtips

ライト、携帯を手放さない、手探りでわかるところに保持するのは結構大変:
ポケットの多い室内着を用意してライト、携帯をポケットに入れておくとよさそうです。家でもポケットに携帯入れる習慣のあるヒトはアドバンテージかも。

ノートPCは非常灯代わりになる:
ホントは充電式の照明がよいのでしょうがいまから(いますぐ)の購入は難しいかもしれません。もしノートPCがあるなら比較的広範囲を照らす照明になります。電力供給に余裕がある時間帯に充電しておくとよいです。携帯とクレードル(iPhoneだとDock)の組み合わせもよいと思います。電源の接続・切断でバックライトが入る機種はディスプレイをオフにしていても急な停電のタイミングで一時的に点灯します。その瞬間に目の前にないと意味ないかもだが。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中