rhtml-modeの読みづらいerbブロックの背景色を変更する〜いろいろ応用効きそう

変更後のrhtml-mode

変更後のrhtml-mode

(add-hook ‘rhtml-mode-hook
(lambda ()
(set-face-background ‘erb-face “black”)
(set-face-underline-p ‘erb-face t)
(set-face-background ‘erb-exec-face “black”)
(set-face-underline-p ‘erb-exec-face t)
))

-nwモードでrhtml-mode標準カラーリングが以下のスクリーンショット

rhtml-mode標準face(カラーリング)

rhtml-mode標準face(カラーリング)

よ・め・る・か・!
ググったりほかのコピペしてきたinit.elから推測すると方法は3つくらいあるようだ。

  1. “rhtml-modeで色定義しているelファイルを書き換えてしまう”
  2. “rhtml-mode-hookでfont-faceの変数名と設定値を上書きする”
  3. “rhtml-mode-hookでset-face-hogehogeで再設定する”

最後の3番がオリジナルのelファイルは修正しないで済むしinit.elに書くelispの量も少なくて楽そうだった。
これは手動でもできて、
M-x set-face-hogehoge
“Set background color of face (default font-lock-string-face):” と尋ねられるので?を入力でface名一覧が出てくる。そこからerb-faceとerb-exec-faceを見つけてあとは色を名前かweb16進数表記(#ffeeaaとか)で指定してやる。背景色は少々うるさい印象だったのでunderlineを引いてみた。

広告
カテゴリー: emacs, ruby タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中