Mac OS X LionにXcode 4.2を入れてrvmによりRuby 1.8.xをinstallするとgem installで落ちる問題をXcode 4.2を残したまま解決

2012年2月4日現在の状況です

全てのバージョンで試したわけじゃありませんが、Xcode 4.2のgcc(実はllvm)を用いてrvmによりinstallした1.8系のRubyはgem installしようとすると落ちます。ググると解決策が見つかるのですがそれはストールマン精神に溢れていて「Xcode 4.2のllvmをgccで上書きしておしまい!」というものらしいです。実際に試してないので本当は/usr/local/binに入って共存できるのかもしれませんが。

http://stackoverflow.com/questions/7734344/bug-bus-error-ruby-1-8-7

Xcode 4.2は消したくないのでhomebrewで/usr/local/binにgccを導入して、あとはこの手法に追従して解決しました。

mkdir -p ~/src/gcc
cd ~/src/gcc
curl -O https://raw.github.com/adamv/homebrew-alt/master/duplicates/gcc.rb
brew install ./gcc.rb –enable-cxx

2010年モデルのMacBook Air 11’で約60分かかりました

あとは

export CC=/usr/local/bin/gcc-4.6

としてから

rvm install 1.8.7
rvm create gemset rails2
gem install rails -v 2.3.8

とかすると落ちません

その前段階として、2012年2月現在developer previewであるXcode 4.3にはUnix development kitが入っていないのでXcode 4.3を入れるからもういらないやとXcode 4.2を消してしまった人はもう一度入れ直しましょう。ぜんぜん違う場所に入るので共存できます。

広告
カテゴリー: ruby タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中